練習はうそをつかない。これは偉大な言葉である。100打目

2018.03.15 Thursday

スイレン・レポートとしての動画は今日もありませんが、最初悩んで全然前に進まなかった「愛をこめて花束を」のBメロ入り口を、HHを少し無視して通ることにしました。

 

というか、先のメロディの練習もしないとセッションする際にメンバーにも迷惑がかかるので、多少端折る事は目をつぶってもらって曲全体の合わせを優先するわけです。

 

 

そんな訳で、Bメロの入り口からサビまでを主体にした練習を今日やりました。

 

「空も飛べるはず」のブラッシュアップも忘れていません。

 

「空も〜」は、当初叩いていたものを、全体を見て詳細に確認していくとHHの操作(クローズ/オープン)を習っていないから・・と、やっていないことや、タムも無視して通っているので、そこらあたりをちゃんと叩いたり演奏できるようになる事を目標に、今は練習を行っています。

HHのオープンって簡単そうに見えますが「シャ〜ン」とか「ジャリーン」とか鳴らしたい音色によって叩くタイミングと開けるタイミングを変えたりと変化させられるので、それだけに、一定の音に統一するって練習がやっぱりいるんですよね。ただ叩いて開けるだけだと、開けるたびに違う音になって安定感がありませんしw

クローズのままだと足も使わない(フットボードは足で押さえています。今までオープンでも鳴らせるセッティングにしておいてクローズでずーっと叩いてきましたw)ので、今は右足と左足を色々動かす練習もメニューに入れてます。

 

スイレン以外のドラムセットを相手にできない練習の時は、好きなスウィング系のリズムにHHオープン/クローズを入れて変化付けて遊んだりしています。楽しく練習するっていうのも大事ですよね。

 

これらの努力が実を結んで、セッションの時にできれば良いですね。

 

そこで、書き出しの言葉になるわけです。

 

「練習はうそをつかない。」

 

これは、誰が言いだした言葉か分かりませんが、とても偉大な言葉だと思います。

 

また、Twitterをやっていると、フォローさせていただいている様々な方々が、沢山のTweetを入れていますが、中には「うーん、これは素晴らしい!」とうならせる言葉もありますね。

 

例えば

 

「何も始めなければ0のまま。でも始めることで0以上になる。少なくとも何もしてない時よりも何かを得られる

という言葉。

 

以上という言葉には0も含まれますが、言った本人は、「マイナスにはならないでしょう、行動して自分に合わなかったら止めるだけだし、それでも、行動したから『自分には合わなかった』と得られることがあるんだし。なにもしていなかったら『合うかどうかさえわからない』でしょ?」

との事。

当たり前のようですが、物事全てそうですよね。

 

僕が、ドラムの動画をあげるたびに思う事にぴったりです。

 

今は「この曲のここができないなぁ・・・」なんて言いながらセットを前にして叩いていますが、去年の今頃は【セットを買うかどうか】を考えていましたから。もちろん、演奏が(まがりなりにも)できるなんて想像していませんでしたし、バンドを組んでる未来なんてもっと先だと思っていました。

 

でもこれ、全て「やってみよう」と心に決めて、必要なことを順番にしていったら今に至ってるだけなんです。

目的は全て「ドラムが叩けるようになりたい。少なくとも演奏してて『Sigeって【変】なおっさんドラマーがいるらしい。でも実際聞くと、なんとも良いんだよね』と誰かに言われたいから」なんです(めちゃくちゃタイトでニッチな話ですなww)。

 

その実現のために、必要なことを考えて、まずは練習。そしてこんな練習をしているおっさんがいる。こんな動画を上げて自己満足してるバカがいる。と世の中に知ってもらう。

 

自分を知ってもらわないと、「Sigeっていうドラマーがいる」っていうセリフ自体生まれるはずがありません。

そうやってみんなに知ってもらって、そのうち通勤電車の中で「あれ??あの人どこかで見たような・・」なんて思われるかもしれませんねw

アマチュアで趣味で音楽やるなら、楽しくないとつまらないです。

 

多分僕は高校のころやれなかった事を、こんな歳から始めるんだから、まず目標は、高校時代に描いていたような事だと思います。

 

もっと練習を重ねて、恥ずかしくない演奏ができるように、頑張りたいと思います。

Sige(シゲ)comments(0)♪-♪-♪-♪練習♪23:08♪
コメント
コメントする








   

        

管理者&筆者紹介

kao2
ニックネーム=Sige(シゲ)
1964年生まれ。
音楽との出会いは高校時代まで遡るw
知人のライブ活動に触発されて、高校の時に果たせなかった「TAMAを叩きたい」という夢だけを追い、近所のスタジオへ行ってみたことが切欠でドラマーになることを決めたおっさん。
妻、息子の「五月蠅い」という小言にめげず日夜練習に、水曜の昼間は生ドラム練習にいそしむ。
夢は、オリジナルソングでライブする事。

日付けを選択

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

新着記事


ドラムランキング
↑クリックお願いします!↑

コメント

今までの記事

テーマごとに読む

リンク

検索する

その他

Qコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM