その練習(トレーニング)に価値あり。103打目

2018.03.30 Friday

スイレンレポートです。

 

実は、先週の水曜日、自宅のミュート付きドラムセットで、昼間はいつもの感じで練習をした後、夜間にとあるスタジオへ出かけて、数年前まで生徒さんを持っていた「元プロ」の方とマンツーマンで指導を受けていました。

 

このBLOGでたびたび出てきていた師匠とはまた違う方ですが、8ビートが叩ける状態から「曲をコピーして演奏する」ステップに入る前に「もっと色々やること(できるようになっていること)」があって、その基礎というところから指導を頂きました。

 

 

僕は、モーラー奏法を支持しているドラマーなので、いわゆる「昔からの奏法で指導を受ける」ことに当然ながら抵抗があります。

 

しかしながら「演奏を実現するための筋肉は不要ではなく、早いストロークやスティックワークを実現するために動かす筋肉はむしろ鍛えないと、いくらパターンやフレーズを覚えても叩ききれない時が来る」と言われるわけです。

 

力いっぱい叩くための筋肉ではなく、しなやかに動かすための筋肉とでも言いましょうか。

スティックを目的の場所に速く移動させるための筋肉の事です。

 

ひとまず、このトレーニングの概念のようなものとか、一通りのメニューを教えて頂き、また、その為の食事などのメニューもお聞きして、以来毎日1時間ぐらいは、パットに向かってタンタンやっています。

 

コーチングする方が変われば、観方も変わりますね。

 

今月(4月)のセッションまでに、様々なメニューをこなして、少しでもバンドに貢献出来たら良いなと思います。

Sige(シゲ)comments(0)♪-♪-♪-♪練習♪18:30♪
コメント
コメントする








   

        

管理者&筆者紹介

kao2
ニックネーム=Sige(シゲ)
1964年生まれ。
音楽との出会いは高校時代まで遡るw
知人のライブ活動に触発されて、高校の時に果たせなかった「TAMAを叩きたい」という夢だけを追い、近所のスタジオへ行ってみたことが切欠でドラマーになることを決めたおっさん。
妻、息子の「五月蠅い」という小言にめげず日夜練習に、水曜の昼間は生ドラム練習にいそしむ。
夢は、オリジナルソングでライブする事。

日付けを選択

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

新着記事


ドラムランキング
↑クリックお願いします!↑

コメント

今までの記事

テーマごとに読む

リンク

検索する

その他

Qコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM