音楽の世界(仲間たちの世界)は狭い〜〜。130打目

2018.09.16 Sunday

はい。

難関だと思った、Vo以降のメンバー選定ですが、猪木のような不屈の闘志(ちょっとジェネレーションギャップっぽいものを感じますが)で立ち回ったところ、運よく反応があった方とお会いしました。
で、これがまた色々面白いことが起きて。
今回はこのことを中心にした記事にしましょうか。

 

 

僕はそろそろ54歳になるところで、ざっと半世紀生きたことになりますが、中学生の頃はまだインターネットはおろか携帯電話もなく、「テレホンカード」が登場した時代でした。プリペイドカードで電話料金を支払いながら電話するという奴ですね。

 

僕は前の記事に書いた通り電脳世界がとても気に入っていて、パッと人が集まって、またそれぞれの目的を見つけて散っていくことにあまり抵抗はありません。もちろん、散る時には「喧嘩して」ではなく出来れば良好な関係を築いたまま・・が理想です。

時には「付いていけない」と背中を見せて去るメンバーもいるでしょうけれど、可能な限り背中を少し押して別れたいと考えるタイプです。

 

もしネットがなかったら絶対に出会う事がないと思うような人と、友達になったり、生涯忘れられない思い出を共有するチャンスがお互いにある。

僕が感じたネットの魅力は、これにつきます。

 

さて、結論から言いますと、今回のギターさんとは非常に面白い出会いになり、一緒にやっていくことに快諾してくださいました。

 

僕を音楽の道に誘ってくれたバンドも知っていましたし、そのきっかけになったFacebookつながりの共通した友人もいました。

このことが、非常に心の距離感を詰めてくれたのです。

現代のネット社会って、悪いことばかりじゃないですね。

 

ほんとうに、良い出会いになったと思います。

 

また、自分の失敗したバンドのスタート時からの話も色々聞いていただいたり、僕がバンドのほとんどを抱えたことにも関心を寄せてくださいました。僕自身は、この部分がとても嬉しく、また、共感していただいたことで何か体が軽くなる感覚もあったように思います。

 

お互いに作った曲を聴きあって、僕が作った音源やスコアも見せたりして非常に盛り上がりました。

また職業も同じ業界で、お互い驚き、これまた距離が縮まりました。

 

 

本当に、何かようやく「目の前に光が差し込み始めた」感じがします。

 

また、ほどなくベース候補の方との連絡もつき、近々お会いすることになりました。

 

こんな報告をこのBLOGで出来るのは、ほんとに嬉しいです。

 

まだまだ道は長いと思いますが、これからも頑張っていこうと決意を新たにした一日でした。

これも皆さんのおかげです。

ありがとうございます。

Sige(シゲ)comments(0)♪-♪-♪-♪雑記♪19:38♪
コメント
コメントする








   

        

管理者&筆者紹介

kao2
ニックネーム=Take(マッシュ)Sige
1964年生まれ。
音楽との出会いは高校時代まで遡るw
知人のライブ活動に触発されて、高校の時に果たせなかった「TAMAを叩きたい」という夢だけを追い、近所のスタジオへ行ってみたことが切欠でドラマーになることを決めたおっさん。
妻、息子の「五月蠅い」という小言にめげず日夜練習に、水曜の昼間は生ドラム練習にいそしむ。
夢は、オリジナルソングでライブする事。

日付けを選択

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

新着記事


ドラムランキング
↑クリックお願いします!↑

コメント

今までの記事

テーマごとに読む

リンク

検索する

その他

Qコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM