【Youtube】https://www.youtube.com/channel/UCyeziwEsiWCedzoOMRqTvew?view_as=subscriber
【VANSHOT 公式サイト】https://takeman1225.wixsite.com/vanshot
【Twitter】https://twitter.com/Dr_papan1964/
【Instagram】https://www.instagram.com/takehisam/

 

セッション初参加体験談。143打目

2018.12.08 Saturday

先日の木曜日、人生初セッション参加をしました。

 

感想は、ぶっちゃけ「悔いが残る」ものでした。

なんでもそうかもしれませんが、初めての事っていうのは、どれだけ準備をしていたとしてもそれは「架空・想定」の域は出ないですね。プレイヤーさんを観ている・聴いているのと、実際に舞台に上がって演奏するのとでは、やっぱり違いました。

 

でも、本当は大して違わないのだと思います。

 

多少照明が自分に当たり、ドラムセットがいつも行っているリハスタと違ってたり、と、まぁ違うところを探すと有るにはあるけど影響するかどうかは、やっぱり本人次第・・・というところでなんでしょうね。

 

 

良く「緊張する」っていうけど、僕はあんまり不安なんてなかった

それよりも、叩けることがうれしくて恥ずかしかったけど、楽しみだった。

何が楽しみって、叩いた後の拍手とか感想とかを聴けるのが。

 

要するに、自分が演奏したことに対して、バンドメンバーというフィルターの無い、一般的なリスナーやプレイヤーさんが自分の演奏を「どう評価するのか」を聞くことが楽しみだった

そりゃそうだよね。この曲をやってみたいと思って、バンドでも練習してるし、少なくとも最初にスティックを持ってドラムを始めた一昨年よりも「絶対に」上手くなってるハズだし、自分でも「これなら大丈夫」と思ったから叩かせてもらおうと思ったんだし。

 

結果は、自分の中のスイッチを入れ間違えていたに等しい

自己採点では60点ぐらい

これはあくまで人からの感想じゃなくて自己判断

 

演奏後は拍手ももらえたし(そもそもセッションはプレイヤーさんが満足すればオッケーなので)、お疲れ〜と声もかけてもらえた。だけど内心は悔しくて悲しくて情けなかった

 

リハでも自宅練習でもしなかった失敗があり、自分がやったプレイが信じられなかった。

多分、これが「場に飲まれる」「緊張していた」っていう事なんだろうけど。

 

でも、その分得られた事も多かった。

それにバンドや音楽に対する考えが改まったと思う。

 

運が良いことに、明日の日曜はバンドリハ。

自分の中で課題が見つかったのはとてもよかった。

というか、セッションってすごく良い体験をさせてくれるように思う。

 

改めて、場を提供してくれているイベンターさんや、一緒に演奏してくださったプレイヤーさんたち、聴いてくださり拍手をくださった参加者の皆さん、もちろんこんな僕を「リーダーとして迎えてくれてるメンバー」にもリスペクトを忘れないようにしたい。

マッサンcomments(0)♪-♪-♪-♪スタ練♪12:54♪
コメント
コメントする








   

        

管理者&筆者紹介

ニックネーム=Take(マッサン)Sige
1964年生まれ。
音楽との出会いは高校時代まで遡るw
知人のライブ活動に触発されて、高校の時に果たせなかった「TAMAを叩きたい」という夢だけを追い、近所のスタジオへ行ってみたことが切欠でドラマーになることを決めたオッサン。
妻、息子の「五月蠅い」という小言にめげず日夜練習に、水曜の昼間は生ドラム練習にいそしむ。
バンドVANSHOTのリーダーw

ドラムランキング
にほんブログ村 音楽ブログ ドラムへ
にほんブログ村
↑よかったらお好きな方をポチっと!↑

日付けを選択

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

新着記事

コメント

今までの記事

テーマごとに読む

リンク

検索する

その他

Qコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM