パットでは気が付かない・・・とな!!!??16打目

2016.11.13 Sunday

はい!行ってきました!

11月のレッスン1回目すなわち7時限目。

 

右のスティックでリズムとりながら3拍or4拍に左を挟む。

で何とかできるよういになり先生の前で実演

 

「あ〜〜〜、ふふふ。そうなりますかやはり。いや、それは違いますよ〜」

 

『えええええ〜〜〜〜〜〜っ!!!???』

 

 

左はタップ、右でダウン+タップ+タップ(アップ)+(アップ)のリズムで刻むのですが(ピッチは一先ず気にしない)、右ダウン+左タップ+右タップ+左タップ+右アップのリズムを続ける時、左は、手首返しではなく肩と肘の連動で刻む。

 

これが、どうもできていない。いや実は気づいていた。これじゃないんだろうな・・・とw

見事に指摘され、意識した練習をしなくてはいけないのである。

 

要するにどんな演奏をしていても、動かしているのは肩と肘。手首は力を入れないのが基本。リズムを叩こうとするあまり手首を使うのは違うわけだ。さらに右手のダウンにも問題があった。

そもそも、ダウンのときに手首を返すような打ち方をしていたらしく(裏打ちと言っていたゆえん)、この癖が付きすぎていてショットの形が変わっていた。

 

その点も指摘していただき先生曰く「パットだけだとわからないと思います。音が変わるし、跳ね返りもパットでは生スネアほど期待できないので、感覚的にも見つけにくいんです」との事。

 

 

えええ〜〜〜〜〜っ!!!?

 

す・・・・スネアほしくなるやん・・・。

 

というオチだw

しげじいcomments(0)♪-♪-♪-♪練習♪17:31♪
コメント
コメントする








   

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

新着記事

今までの記事

テーマごとに読む

プロフィール

リンク

検索する

その他

Qコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM