【Youtube】https://www.youtube.com/channel/UCyeziwEsiWCedzoOMRqTvew?view_as=subscriber
【VANSHOT 公式サイト】https://takeman1225.wixsite.com/vanshot
【Twitter】https://twitter.com/Dr_papan1964/
【Instagram】https://www.instagram.com/takehisam/

 

贅沢な一品を手に?161打目

2019.02.24 Sunday

練習に熱が入ってきたところで、右肩が痛くなったり、この前の月曜よるには風呂場で右手の小指を捻って怪我したりと、落ち着かないところで、僕がよく買い物をするサイトで、あるアイテムの在庫が少なくなったという表示を発見。

 

同じシリーズで、別のセット品がSold Outになったという嫌な状況を思い起こし「これはひょっとして、手に入らなくなる?」いや、単品でならあるのだけどセット販売というのは単品で買うよりも安い(はず)なので、手が届かないわけではないけど遠くなってしまう?という不安に駆られたわけです。

 

そこで、思い切って買う事にしました。

昨年末にペダルも購入し、もともとのインペリアルスターのセット品から徐々に自分の好みの楽器スタイルに代わっていく中で、今度はシンバルが変わっていくことになりました。

 

 

しかしながら、シンバルは自宅練習の時は、ローボリュームシンバルに換装しているので、実際の登場はリハスタに持っていく以外にほぼありません。動画撮影時にはHHはローボリュームではないものを付けていますが。。

また、それだけに保存方法も考えねばと思い、キャリー用のケースも一緒に購入。

普段は中に入れてしまっておき、使うときに持ち運べばという考えです。

 

色んなケースがある中で、(高価だし)大事なシンバルを守ってくれるケースはソフトなものではまずいなと、SKBのCV8を購入。

結構しっかりしたものを選択しました。

 

SinbalCase1

見た目はこんな感じ。トランクケースでも使われるベルトでがっちり締めるタイプです。

縦に自立でき上部に持ち手があります。

 

蓋は上から全体を被せるようになっていて、開けると以下のような感じに。

SinbalCase2

 

中央のねじを外すと以下のようになってます。

SinbalCase3

シンバルスペーサーが4枚。H/H+/クラッシュ/+クラッシュ/+ライドの5枚を入れられます。

因みに大きさは22インチのシンバルまで可能とのこと。

 

そして今回、意を決して買ってしまったシンバルセットはこちら。

Zildjian1

ZildjianのSシリーズ・パフォーマーセット!

因みにお値段は、持っているTAMAインペリアルスター(ドラム・セット)の2/3ぐらいw

結構します。

内容は

 

14’ HH(マスターサウンド・ハイハットペア)

16’クラッシュ(ミディアム・シン・クラッシュ)

18’クラッシュ(ミディアム・シン・クラッシュ)

20’ライド(ミディアム・ライド)

 

の5枚セット。

シンバル買って叩くタイミングがあるかどうかっていう問題もありますが、楽器ですもん、演者の好きにしたいわけですよー。

 

何しろ、Zildjianは、僕が高校時代に知ったシンバルメーカー。その知名度と歴史、豊富なラインナップ、魅力的な見た目。全部が僕の憧れでした。TAMAとZildjianの組み合わせは願ってもないわけです。

もちろん、Sシリーズはそんなころには存在していなくて、最近発売されたシートシンバルです。

 

また、SシリーズはZildjianの中でもエントリークラスなので、高価なAシリーズやKシリーズには劣るかもしれませんが、「Zildjianを持ってる」だけでめっちゃくちゃテンション上がりますw

 

次のリハ或いは自宅練習では、マイネルのHCSと叩き比べてみて、音色の違いも紹介出来たら良いかなーと思います。

 

因みに、このシンバルを選択するにあたり、Webでの視聴サービスやYoutubeも聴きまくって選んだので、こうした環境って凄く良いですね。以前なら、楽器店で試打しないと分からなかったですから。

 

乞う、ご期待!

マッサンcomments(0)♪-♪-♪-♪楽器♪18:13♪
コメント
コメントする








   

        

管理者&筆者紹介

ニックネーム=Take(マッサン)Sige
1964年生まれ。
音楽との出会いは高校時代まで遡るw
知人のライブ活動に触発されて、高校の時に果たせなかった「TAMAを叩きたい」という夢だけを追い、近所のスタジオへ行ってみたことが切欠でドラマーになることを決めたオッサン。
妻、息子の「五月蠅い」という小言にめげず日夜練習に、水曜の昼間は生ドラム練習にいそしむ。
バンドVANSHOTのリーダーw

ドラムランキング
にほんブログ村 音楽ブログ ドラムへ
にほんブログ村
↑よかったらお好きな方をポチっと!↑

日付けを選択

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

新着記事

コメント

今までの記事

テーマごとに読む

リンク

検索する

その他

Qコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM