【Youtube】https://www.youtube.com/channel/UCyeziwEsiWCedzoOMRqTvew?view_as=subscriber
【VANSHOT 公式サイト】https://takeman1225.wixsite.com/vanshot
【Twitter】https://twitter.com/Dr_papan1964/
【Instagram】https://www.instagram.com/takehisam/

 

ポジションを見直すw167打目

2019.03.29 Friday

今月のレッスンを受けたのちの、リハで音合わせしてきました。

音量を無理なく稼げるようになったので調子に乗ってしまい、もう少し音量控えめで・・と指摘を受ける始末w

 

自分のプレイに夢中になって、他の音に気を配れないようではまだまだです。

 

Gt,Bs,Key,Voの各音をキチっと聴く訓練もしなきゃいかんですね。

これは普段も曲を流しながら練習しているので、鍛え方はあると思っています。

 

 

さてさて。

ポジションと書いたのは、各太鼓の位置を指したつもりです。

 

楽器を演奏する場合のスタンスや、持ち方・構えとか、色々あると思いますが、ドラムの場合、スローンの高さに始まり、スネアやキックペダル、HHスタンドとプレイヤーの近くから、タム、フロアタム、シンバル・・と遠くの打面をセットするのですけど、レッスンを受けるちょっと前に、スネアをこれまでよりも近くしたことを書いたと思います。

 

もう変えない。

 

なんて豪語してますけど、近いと腕が振れなくなると指導を受け、ちょっとやってみると確かにマズイ。

これはマズイ。

 

という訳で、元に戻しました。

 

何がまずいかというと、腕を垂直に運動させる叩き方ではなく、腕を折り畳んだり伸ばしたり、回転させながら叩くので打面が近いと、その動きに制限がかかる訳です。運動の妨げになる配置はちょっと良くないと、前の位置まで戻しました。

 

すると、成程、遠心力も利いて音量が稼げるようになってきました。その結果、冒頭の話になっちゃったわけですw

 

調子に乗ってバシバシ叩いていたらスティックも吹っ飛びそうになったので、ちょっと加減を覚えないと・・・。

 

そんな練習動画です。

 

 

前回の動画を見比べてみても、多分配置の違いが分かるかなーと思います。

けど、たがわず鳴ってますよね。

 

最後はまた、不安定なタム回しだったので反省w

ちーっともその点は成長しませんなぁ。。。

 

今後に乞うご期待!

 

 

 

マッサンcomments(0)♪-♪-♪-♪練習♪21:21♪
コメント
コメントする








   

        

管理者&筆者紹介

ニックネーム=Take(マッサン)Sige
1964年生まれ。
音楽との出会いは高校時代まで遡るw
知人のライブ活動に触発されて、高校の時に果たせなかった「TAMAを叩きたい」という夢だけを追い、近所のスタジオへ行ってみたことが切欠でドラマーになることを決めたオッサン。
妻、息子の「五月蠅い」という小言にめげず日夜練習に、水曜の昼間は生ドラム練習にいそしむ。
バンドVANSHOTのリーダーw

ドラムランキング
にほんブログ村 音楽ブログ ドラムへ
にほんブログ村
↑よかったらお好きな方をポチっと!↑

日付けを選択

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

新着記事

コメント

今までの記事

テーマごとに読む

リンク

検索する

その他

Qコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM