パラディドルについて学ぶ。17打目

2016.12.10 Saturday

さてさて。

BLOGの更新が転職を伴ってできなくて申し訳ない。

 

何せ朝6時前には起きてケッタで最寄り駅に7時に着き、社へ向かって電車を乗り継ぎ8時40分にはデスクに座っているという行きと、1時間に2本という帰りの電車にのって20時半に自宅到着する通勤に結構体力を使うらしく、帰宅〜お風呂〜就寝の間に、以前は挟んでいたゲームやスティック+パットによるドラム練習が疲れて手につかなかったw

 

このところ電車通勤にも慣れてきて、ほかのことを考える余裕が生まれ、まずはiPhoneとイヤフォンをつないでラジヲを聞く朝を実現。もちろんイヤフォンはBluetooth。これは便利ですなー、ワイヤレスがこんなに楽とは。

 

 

閑話休題。

 

 

シングルショットは卒業し、両手を使ったショットもそこそこに、12月で9時限目を迎えた練習カリキュラムは、パラディドルの入り口に差し掛かってきました。

 

R,L,R,L,R,L の6ショットをアクセント位置を変えていろいろ練習をしてみる。

最初のR,Lをアクセントにするパターンは、さすがに両方同じ動きを合わせるので比較的簡単。それがひとたびずれるとアラ不思議。たちまち打てなくなる。

 

特に難しいのは、最初のRと最後のLをアクセントにした場合。この時の二つはすべてダウンなので、Lダウンの前Lはアップになるし、最後のRもアップになる。本当はこれをとことん練習して同じリズムで続けられるようにしておこうというものだったが、冒頭のとおり時間がなかなか作られないし、結構高等なことをやるわけなので直ぐには打てない。

 

「では、この中のR,Lを一つ抜いてみましょう」

 

ということで、R,L,R,Lの4ショットに変更。もちろん最初のRと最後のLはダウンだ。つまりダウン、アップの繰り返しで左右を一つずらすだけの演奏。

 

これにはルールがあって、最初のRが一番強いアクセントで始まるようにする。後のL,Rはタップ、最後のLはダウンRよりはやや優しいトーンで打つ。これを連続してリズムカルに、打間が乱れないように続ける。

 

6ショットも4ショットも、今後の基本中の基本になるので、頑張ってついていけるようにしたい。

しげじいcomments(0)♪-♪-♪-♪練習♪11:31♪
コメント
コメントする








   

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

新着記事

今までの記事

テーマごとに読む

プロフィール

リンク

検索する

その他

Qコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM