【Youtube】https://www.youtube.com/channel/UCyeziwEsiWCedzoOMRqTvew?view_as=subscriber
【VANSHOT 公式サイト】https://takeman1225.wixsite.com/vanshot
【Twitter】https://twitter.com/Dr_papan1964/
【Instagram】https://www.instagram.com/takehisam/

 

配置考察。171打目

2019.04.17 Wednesday

ちょっと前にRolandのSPD::ONEを購入し、配置やら配線やらを試しました。

 

ポイントは、タムと干渉しない且つ、間違えにくい場所。

 

小さいボディながら本体に目いっぱい大きなパットがあるので打ちミスはないです。

しかし取付金具の自由度が結構低いので、ドラムセットに組むには、色々考えないといけなさそう・・。

 

 

同時に購入した、シンバルスタンドアタッチメントが有効でした。

本来はタムホルダーなのですが、オムニボール形式なのでとても自由にセットできます。

 

シンバルスタンドに着けるため、シンバルとスティックの軌道が干渉しないよう、打ち込みやすい位置を模索。

 

まず最初は、左のシンバルスタンドにセットして、スネアの直ぐ際に。

 

p-set

 

これなら良いかなーと、叩いてみると、どうも叩きにくい。

クロススタイルだと、スネアが左手になるんですが、このパットを右手で叩くとなると、なんとなく手首側で重なりつつ、スティックワークがどうもやりにくい。

スティックを叩きそうになるわけです。

 

これはいかん・・何とかしないと・・・。と今度はハイタムと場所交代。

 

p-set2

 

ここが実に良い。その代わりタム同士が離れて、やや辛い・・。

こうなると贅沢になってきて、ダブルタムホルダーをもう少し上に挙げて、ロータムを隣のシンバルスタンドから持ち出して固定しよう・・という案も頭をもたげる。

これについては、ホルダーがもう一つ要るので、機会をみて購入してセットアップしようと思います。

 

こんな風に工夫しつつ叩いて撮った映像が以下。

ただーし、パーカッションは使っていません(夢見る少女じゃいられないで使いました)w

 

 

ううむ・・・。

ダメだしw

 

今後に、乞うご期待www

こんなで週末リハや・・・(´;ω;`)
マッサンcomments(0)♪-♪-♪-♪楽器♪22:02♪
コメント
コメントする








   

        

管理者&筆者紹介

ニックネーム=Take(マッサン)Sige
1964年生まれ。
音楽との出会いは高校時代まで遡るw
知人のライブ活動に触発されて、高校の時に果たせなかった「TAMAを叩きたい」という夢だけを追い、近所のスタジオへ行ってみたことが切欠でドラマーになることを決めたオッサン。
妻、息子の「五月蠅い」という小言にめげず日夜練習に、水曜の昼間は生ドラム練習にいそしむ。
バンドVANSHOTのリーダーw

ドラムランキング
にほんブログ村 音楽ブログ ドラムへ
にほんブログ村
↑よかったらお好きな方をポチっと!↑

日付けを選択

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

新着記事

コメント

今までの記事

テーマごとに読む

リンク

検索する

その他

Qコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM