【Youtube】https://www.youtube.com/channel/UCyeziwEsiWCedzoOMRqTvew?view_as=subscriber
【VANSHOT 公式サイト】https://takeman1225.wixsite.com/vanshot
【Twitter】https://twitter.com/Dr_papan1964/
【Instagram】https://www.instagram.com/takehisam/

 

令和最初のレッスン176打目

2019.05.09 Thursday

5/8はスイレン&個人レッスンと、濃い一日でした。

午前は自宅でドラムセットを組んで2時間程度の叩き練習。

みっちりとした練習ではなく、感覚を忘れないようにする程度の3曲通し練習という感じ。

これはこれで結構大事で、毎週やっていると段々「こういうセッティングがプレイしやすいな・・」と、セットの距離感も分かってきます。

 

で、昼食前に組んだセットをバラして片付け、(スティックの破片が意外と落ちてるので)床掃除してから食事〜出発〜となる訳でして、自宅から電車で約1時間の受講リハスタへと向かいます。

 

ところで、この時の持ち物ですが、レッスン復帰直後は張り切ってペダルも持って行ったのですが、荷物にもなるしリハスタのペダルは決してダメという訳でもないので、前回からドラム用に使っているシューズとスティック数ペアだけ持って行ってます。その方が移動時も(平日の)電車内で気を使わなくて済みますし、最寄り駅から多少歩くので負担も軽く済みますw

 

 

ひとまず隔月のレッスンなので、前回どんなことやった、というところから受講後の1ヶ月を見てもらう訳です。

で、徐々に紐解きながら「できない原因」を探ります。

 

そう。。まだできないw

 

で、大体2時間ぐらいマンツーマンで話しながら、鏡を見ながら、パット叩きながらやっていくわけですけど、出来ている錯覚というのは怖いですね。もう少しだ!と思っていたんですが、どうやら進歩してないようです(;^ω^)

 

凄く大事で一番肝心・かなめなのは、腕の振りの主導権は肩や二の腕或いは肘付近にあるということ。

振るときは、手首やスティックを持った手は、「たまたま腕の先にくっついてるから、腕の振りに引っ張られる形で『遅れて』動く」という感覚

 

ワタクシ、これが全くできてませんですorz。

頭では理解できても、感覚として分かってないって感じ。

 

腕を落とす振り・・いわゆる外回転は何とかできるようだけど、振り上げる動き・・いわゆる内回転が、どうしても手首或いは手が主導して振り上げているようで(ようで・・というのは無意識にそうやってるから。それこそ人に指摘されないとわからないw)、これだと下した腕を上がってない状態で無理やりまた下す・・という事をやってる(極端な言い方だけど、そういうと一番分かりやすいw)。なので回転が使えず、いつまでたってもスピードが上がっていかない。

 

回転していないので、上下運動だけのスティックワーク。

 

もう一つ良い例えは、外回転でスピードを加速しつつ内回転でブレーキをかけている打ち方になっているそうな。

これ、めちゃくちゃ言い得てます。

加速する方法が分かったけど同時にブレーキもかけているので、そのまま加速し続けられなくて相殺されてしまっている・・状態(滝涙)。

 

スピード上げようと頑張れば頑張るほど、ブレーキも同じように掛けているので全然上がらないで、疲れだけが溜まっていく・・という状態。

だから長い時間やってると、色んなところの緊張が続いて疲れる、挙句は痛くなるって感じw

これは困ったぞと。

 

で、ちょっとドラムを叩く場面から離れて、一体、腕が動いてそれに手が「たまたまくっついて動く」とはどういう感覚なのか、30分ぐらい鏡をみて二人で比べて動かしてみました。

 

スティックをバトンに見立てた「バトントワリング」のような動きで確認するわけなんです。

これが実に面白い比較になりました。

出来てる人とできてない人が並んで鏡を見てやるわけですから、違いは良くわかるんですね。

これぞレッスンの神髄。

 

せっかくだから動画も撮った方が良いよー、との言葉に、動画も撮ってみたw

 

そうしてまず分かったのが、ワタクシの手首が右も左もトーってもカタイってこと。

ちょっと語弊があるのでカタイというのは、力が入っているっていう事でww

 

動かすと「ほらほら、手から先に動いているよ」と注意を受ける・・つまり、これまでの動かし方ってどれだけやっていても結局「腕が主導している打ち方」ではなかった。

あくまでも外回転の場合・・ですけどw

 

これを何となく・・イメージできる人には、簡単にいってしまうと「和太鼓の叩き方」になってる感じ。

まぁその道のプロの方に言わせるとひょっとしたら「和太鼓だって、腕から先に動かして手はついてくる感じなんだよ?」と言われるかもしれませんがw

 

スティックを持たず、まずは手がくっついて勝手に動く感覚を覚える。そしてできたな・・と思ったらスティックを持ってやってみる。少しでもあ、違う・・と思ったらまたスティックを持たずに・・を繰り返して、感覚をつかむ以外道はない・・という結論。

確かにこれは感覚なので理屈で話せるものじゃありません。

曰く「感覚が分かればすぐできる。なぜなら骨の構造はみんな同じなので、私ができることは貴方にもできるはず」だそうな。

至極ごもっともww

 

さてさて、そうやって2時間が経ち、次のレッスンの日程を決める訳ですが、実は、ひょっとすると(この記事を書いている時点での話ですw)、年末に初ライブやるかも・・?という状況を先生に話すと「おお、じゃ曲は決まっていたり?」といわれるので例の3曲を伝え、それに加えてオリジナルを2曲持ってきます。と答えましたw

 

年末まで隔月だと、あと3回なのですが「じゃぁせっかくなので、その3曲のブラッシュアップをレッスンでやりましょう。その方が楽しいし、モチベーションもあがりますから。」という訳で、レッスンでも3曲のコーチングを受けることになりました。

もちろん先生の前で叩くわけなので、緊張もさることながら原曲・スコアも鑑みてもらうので「いや、ここはこう叩いてるよ」とか「そこはこういうプレイが楽だよ」等々色々コピーしてるだけじゃわからない事が分かってきそう。

 

ちょっと、楽しみになってきたレッスンでした。

 

そんなわけで、今回はスイレン動画もありませんが、今後も乞うご期待!

マッサンcomments(0)♪-♪-♪-♪レッスン♪18:16♪
コメント
コメントする








   

        

管理者&筆者紹介

ニックネーム=Take(マッサン)Sige
1964年生まれ。
音楽との出会いは高校時代まで遡るw
知人のライブ活動に触発されて、高校の時に果たせなかった「TAMAを叩きたい」という夢だけを追い、近所のスタジオへ行ってみたことが切欠でドラマーになることを決めたオッサン。
妻、息子の「五月蠅い」という小言にめげず日夜練習に、水曜の昼間は生ドラム練習にいそしむ。
バンドVANSHOTのリーダーw

ドラムランキング
にほんブログ村 音楽ブログ ドラムへ
にほんブログ村
↑よかったらお好きな方をポチっと!↑

日付けを選択

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

新着記事

コメント

今までの記事

テーマごとに読む

リンク

検索する

その他

Qコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM