【Youtube】https://www.youtube.com/channel/UCyeziwEsiWCedzoOMRqTvew?view_as=subscriber
【VANSHOT 公式サイト】https://takeman1225.wixsite.com/vanshot
【Twitter】https://twitter.com/Dr_papan1964/
【Instagram】https://www.instagram.com/takehisam/

 

あと2回で仕上げ。207打目

2019.11.05 Tuesday

洗濯の話ではナイw

尤も、何回も洗って綺麗になるものと違い音楽には限界が無いのは周知の事実。

 

ドラム始めて3年を過ぎ、初心に返ったりテーマを決めたり練習を重ねてきて、バンドのメンバーにも揉まれ。

実際揉まれるのは、仕事でも同じだけど「何とか良いものを」という気持ちの表れだし「できるはず」の腕を見込まれての事である。

 

 

50過ぎると人から注意された時に「素直に受け取る」事がなかなか難しいのは、これまた仕事でも同じ。

特に自分に責任を感じる場合は『言われなくても・・・』と考えがち。

しかし、僕は軽音楽についてはまだまだ日が浅いひよっこである。しかもそんな経験不足なのに「バンドリーダー」という重要なポジションに座っている。

バンドの仕切屋であるw

 

仕事上ではなんぼでも仕切る自信?はある程度はあるけれど、これは経験が後押ししているものです。

楽器には資格っていうものが無いことから(検定とかであるかもしれないけど、そういうものも無しで売れてるプロはごまんといると思うw)、やっぱりどれだけ練習し、どれだけライブの舞台で人を呼べたか等々、バンドリーダーとして、推し量るものはいっぱいあるかなーと。

全くのゼロスタートなので、色んな方からのお力や、SNSの力をいっぱい借りて、ここまでやってきました。

 

しかししかし、ようやく出来るライブも、僕はスタート地点だと思っています。

 

そのスタート地点に立って披露するまで、あと2回のスタ練。

 

今まではスコア通りっていうか叩ききる事を念頭に置いていましたが、それに加えて強弱や音の意識を考えるように。

CDの音源通りという意味ではなくて、どういう音にすると気持ちよい、カッコいい、ノリがいい、というところ。

 

まだそんな余裕はない・・・と思ったりもしましたが、折角練習するなら意識してやると、より良いという話で、これもフィルとか難しいところを避けると永遠にできない・・・という事と同じ。

 

ライブではその時点での最高パフォーマンスを出せる様、頑張ります。

 

という訳で、今後に、乞うご期待!!!

マッサンcomments(0)♪-♪-♪-♪個人練習♪12:17♪
コメント
コメントする








   

        

管理者&筆者紹介

管理者
ニックネーム=Take(マッサン)Sige
1964年生まれ。
音楽との出会いは高校時代まで遡るw
知人のライブ活動に触発されて、高校の時に果たせなかった「TAMAを叩きたい」という夢だけを追い、近所のスタジオへ行ってみたことが切欠でドラマーになることを決めたオッサン。
妻、息子の「五月蠅い」という小言にめげず日夜練習に、水曜の昼間は生ドラム練習にいそしむ。
バンドVANSHOTのリーダーw

ドラムランキング
にほんブログ村 音楽ブログ ドラムへ
にほんブログ村
↑よかったらお好きな方をポチっと!↑

日付けを選択

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

新着記事

コメント

今までの記事

テーマごとに読む

リンク

検索する

その他

Qコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM