自転車コケしたぁ〜〜痛い〜〜〜ww89打目

2018.01.28 Sunday

スイレン・レポートを書き損じていたら、このところの雪で凍結した道路にてコケましたw

 

僕は最寄りの駅まで自宅から自転車で通勤しているのですが、出勤途中でのこと。

皆さんも、雪道、特に凍結路面では気を付けましょう〜。

 

そんなわけで(どういうわけ?)この前のスイレン・レポートになりますw

今回は動画はなしです^^;

 

 

動画は前の繰り返しになるので、特に挙げませんが「空も飛べるはず:スピッツ」の完成度を上げるべく色々手数を増やす事と、原曲から今の演奏って少し違ってたりするので、ちょっと調整してみようという感じ。

 

そして、2曲目のイントロ〜Aメロの徹底練習。

 

読者の皆さんの中にも、バンドマンとか既にいろんな楽曲にチャレンジして完コピとか耳コピできてたりする方々もいらっしゃると思います。僕は、今のところ完コピは未だ程遠く、楽譜を追いかけるのにいっぱいいっぱいですね。

 

しかしながら、そういう演奏って、えてして大事なことを忘れてしまいがちです。

 

それは、ドラムは「場を作る=グルーヴサウンド」を作っていくパートなんだっていうところ。

 

僕はまだまだ初心者なので、楽曲を聴いてバンドで演奏しようとするときスコアを再現することに注視してしまいがちなんですけど、本来はそうでなく、ドラムは他の演奏する楽器が乗っかる下地になる楽器なので、他の楽器が出す音や原曲の雰囲気を掴んで叩ければ良いという事に最近気づき始めました。

 

原曲のスコアを完コピできれば、それはもう、申し分ないのですが、ライブで演奏を目指すとき完コピできるまで練習を繰り返していたら、曲によっては全然完成しないなんてことが起きかねません。

時間がたっぷりある学生時代と違い、社会人になると昼間は会社で仕事をし、場合によって残業もして自宅に帰ってきて、それから練習するか、朝早く起きて練習をしてから会社へ向かうか、二つに一つです。

まぁ、よくよく考えると学生時代だって学校と自宅を行ったり来たりなので大して違わないかもしれませんが・・。

言い訳にしたくないですが、その頃と年齢も違うので、プレイを習得するのに多少時間が余分に掛かるのは否めません。

 

なにせ、僕のような年齢になると(音楽に年齢は関係ないとはいえ)毎日セット相手に叩けないと、どんどん感覚を失います。

学生時代は例えばケイオン部などがあるとセットがあると思うので、授業が終わったらセット相手に学校でバシバシやれるわけです。ところが僕ら社会人はそのためのプロセスとしてスタジオを予約して(それも予約できないときもあったり)、レンタル料を払うことも必要です。

仕方がないことですが学校にセットがあることって、それだけで練習時間が節約できるし、お金も要らないのでやる気があれば毎日叩いて自宅に帰れるわけです。

僕が自宅にセットを買ったのは、思った時に何の遠慮もなくドラムを触っていたいと思ったからなのですが、実際問題、セットを置く場所は限られてしまうので、仕事から帰宅してすぐ触るというのは無理な話でした。それでも休暇の日に、自宅に練習セットがあるのはその分、スタジオに行くことから考えると物凄く恵まれてると思います。

休みの日は、ほぼ3〜4時間触ってますから。これがスタジオで同じ時間触るとなると、どう頑張っても3〜4千円はとられます。これを毎週1回、月に4回やってたら、1.2万円は掛かってしまいますから。半年続けたらドラムセットが変えてしまうような出費です。

なのでどんなドラマーさんも自宅にセットを置きたくなるのは、むしろ当然ですよね。

電子ドラムでも、あると嬉しいはずです。

 

閑話休題。

 

例えばスコアで「うーこれは叩けない・・今のところどうやるんだろ??」なんてのにぶち当たった時、それを楽譜通りに叩こうと練習をするより、まずは原曲でその部分をドラムが他の楽器と合わせてどういう表現をすると良いかを意識すると、意外とリズムがつかめたりするんですね。

 

僕は演奏する曲を毎日聴いていますが、聴き方ひとつで(意識の持ちようで)変わるんですよね。

そのうえで練習を重ねて、セッションに向けていきたいと思います。

Sige(シゲ)comments(0)♪-♪-♪-♪練習♪16:31♪
コメント
コメントする








   

        

管理者&筆者紹介

kao2
ニックネーム=Sige(シゲ)
1964年生まれ。
音楽との出会いは高校時代まで遡るw
知人のライブ活動に触発されて、高校の時に果たせなかった「TAMAを叩きたい」という夢だけを追い、近所のスタジオへ行ってみたことが切欠でドラマーになることを決めたおっさん。
妻、息子の「五月蠅い」という小言にめげず日夜練習に、水曜の昼間は生ドラム練習にいそしむ。
夢は、オリジナルソングでライブする事。

日付けを選択

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

新着記事


ドラムランキング
↑クリックお願いします!↑

コメント

今までの記事

テーマごとに読む

リンク

検索する

その他

Qコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM